Research

Papers

  • A. Ishikawa, D. L. Michels, T. Yaguchi, On the Efficient Symplectic Simulation of String Instruments, submited.
    Demo1 Demo2 (comvoluted with Dr. Gonzalez's IR.)
  • A. Ishikawa, T. Yaguchi, Geometric Investigation of the Discrete Gradient Method for the Webster Equation with a Weighted Inner Product, JSIAM Lett., 7 (2015), 17--20.
  • A. Ishikawa, T. Yaguchi, Invariance of Furihata's Discrete Gradient Schemes for the Webster Equation with Different Riemannian Structures, AIP Conf. Proc. 1648, 180003 (2015).

Talks

The name of the speaker is underlined.

  • 谷口隆晴, 石川歩惟, ある種の散逸型微分方程式に対する構造保存型数値解法, 日本応用数理学会2015年度年会, 石川, 2015.
  • 石川歩惟, 谷口隆晴, ハミルトン方程式に対する時間対称性を用いた離散勾配スキームの導出法, 日本応用数理学会2015年度年会, 石川, 2015.
  • 石川歩惟, 谷口隆晴, 対称性を利用した離散勾配法におけるLegendre変換に関する考察, 日本応用数理学会2015年度年会, 石川, 2015.
  • T. Yaguchi, A. Ishikawa, Numerical integrations that preserve energy behaviors using the variational principle, Computational and Geometric Approaches for Nonlinear Phenomena, Tokyo, 2015.
  • 石川歩惟, D. L. Michels, 谷口隆晴, ピアノの物理モデルとその効率的な数値計算法の検討, 第44回数値解析シンポジウム, 山梨, 2015.
  • A. Ishikawa, T. Yaguchi, Simulation of Wind Instruments and a Geometric Invariance of the Discrete Gradient Method, FoCM2014, Montevideo (Uruguay), 2014.
  • 石川歩惟, 谷口隆晴,シンプレクティック空間上の離散勾配法, 応用数学合同研究集会, 滋賀, 2014.
  • 石川歩惟, 離散勾配法の Riemann 構造不変性, 第8回協定講座シンポジウム, 兵庫, 2014.
  • 石川歩惟, 谷口隆晴, 離散勾配法の Riemann 構造不変性とシンプレクティック幾何学的再構築, RIMS研究集会「新時代の科学技術を牽引する数値解析学」, 京都, 2014.
  • 石川歩惟, 谷口隆晴, 異なる Riemann 構造をもつ Webster 方程式に対する離散変分導関数法の不変性, 日本応用数理学会2014年度年会, 東京, 2014.
  • 石川歩惟, 谷口隆晴, 異なる内積により得られる Webster 方程式の2つのハミルトン構造, 第43回数値解析シンポジウム, 沖縄, 2014.
  • 芦辺健太郎, 石川歩惟, 上田怜奈, 谷口隆晴, 楽器シミュレーションに対する構造保存型数値解法の応用と関連する数理的課題, 第13回常微分方程式の数値解法とその周辺, 静岡, 2014.
Top to page