深谷 猛のホームページへようこそ!


論文 学術雑誌 / 国際会議の予稿集 / 書籍等 / 学位論文
学会発表 国際会議 / 国内会議
受賞

論文

学術雑誌

  1. Jun-ichi Muramatsu, Takeshi Fukaya, Shao-Liang Zhang, Kinji Kimura and Yusaku Yamamoto
    “Acceleration of Hessenberg Reduction for Nonsymmetric Eigenvalue Problems in a Hybrid CPU-GPU Computing Environment”
    International Journal of Networking and Computing (IJNC), Vol. 1, No. 2 (2011), pp. 132-143.
  2. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “動的計画法を用いたブロックハウスホルダーQR分解アルゴリズムの性能最適化”
    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム(ACS), Vol. 4, No. 4 (2011), pp. 146-157.
  3. Yusaku Yamamoto and Takeshi Fukaya
    “Differential qd algorithm for totally nonnegative Hessenberg matrices: introduction of origin shifts and relationship with the discrete hungry Lotka-Volterra system”
    JSIAM Letters, Vol. 2 (2010), pp. 69-72.
  4. Yusaku Yamamoto and Takeshi Fukaya
    “Differential qd algorithm for totally nonnegative band matrices: convergence properties and error analysis”
    JSIAM Letters, Vol. 1 (2009), pp. 56-59.
  5. 深谷 猛, 山本 有作, 畝山 多加志, 中村 佳正
    “正方行列向け特異値分解のCUDAによる高速化”
    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム(ACS), Vol. 2, No. 2 (2009), pp. 98-109.
  6. 深谷 猛, 山本 有作, 畝山 多加志, 堀 玄, 梅野 健
    “長方行列向け特異値分解の浮動小数点コプロセッサによる高速化”
    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム(ACS), Vol. 48, No. SIG8 (ACS18) (2007), pp. 31-43.

国際会議の予稿集(査読付)

  1. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “A Dynamic Programming Approach to Optimizing the Blocking Strategy for the Householder QR Decomposition”
    Proceedings of IEEE Cluster 2008 (2008), pp. 402-410.
  2. Yusaku Yamamoto, Takeshi Fukaya, Takashi Uneyama, Masami Takata, Kinji Kimura, Masashi Iwasaki and Yoshimasa Nakamura
    “Accelerating the Singular Value Decomposition of Rectangular Matrices with the CSX600 and the Integrable SVD”
    Lecture Notes in Computer Science, Vol. 4671 (2007), pp. 340-345, Springer.

書籍等

  1. Yusaku Yamamoto and Takeshi Fukaya
    “Dynamic Programming Approaches to Optimizing the Blocking Strategy for Basic Matrix Decompositions”
    Software Automatic Tuning: From Concepts to the State-of-the-Art Results, Editors: Ken Naono, Keita Teranishi, John Cavazos, and Reiji Suda (2010), pp. 69-85, Springer.
  2. 山本 有作, 深谷 猛
    “階層的な性能モデルに基づく行列計算の自動チューニング(<特集>数値計算のための自動チューニング)”
    応用数理, Vol. 20, No. 3 (2010), pp. 201-211, 日本応用数理学会.

学位論文

学会発表

国際会議

  1. Takeshi Fukaya and Yusaku Yamamoto
    “Performance Evaluation and Tuning of Tall Skinny Type QR Factorization on the K Computer”
    Conference on Advanced Topics and Auto Tuning in High Performance Scientific Computing (2013 @2HPSC), National Taiwan University, Taipei, Taiwan, March 27- 29, 2013.
  2. Takeshi Fukaya, Toshiyuki Imamura and Yusaku Yamamoto
    “Performance Modeling of the Eigen-K Dense Eigensolver on Massively Parallel Machines”
    SIAM Conference on Computational Science and Engineering (CSE13), The Westin Boston Waterfront, Boston, Massachusetts, February 25- March 1, 2013.
  3. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “Automatic Performance Tuning for the Blocked Householder QR Algorithm”
    The 7th East Asia SIAM Conference & RIMS Workshop on Methods in Industrial and Applied Mathematics, Waseda University, Kitakyushu Campus, Kitakyushu, Fukuoka, Japan, June 27-29, 2011.
  4. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “Auto-tuning for BLAS-based Matrix Computations”
    SIAM Conference on Computational Science and Engineering (CSE11), Grand Sierra Resort and Casino, Reno, Nevada, February 28- March 4, 2011.
  5. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “A Dynamic Programming Approach to Auto-Tuning the Blocking Strategy For the Householder QR Decomposition”
    Workshop on Advanced Auto-tuning on Numerical Software (AANS2010), Tokyo, April 2, 2010.
  6. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “An Approach to Automatic Tuning for the Parallel Householder Qr Decomposition”
    SIAM Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP10), Grand Hyatt Seattle, Seattle, Washington, February 24-26, 2010.
  7. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “A Dynamic Programming Approach to Performance Optimization for the QR Decomposition”
    International Symposium of Electronic Structure Calculations, Tokyo, December 7-9, 2009. (ポスター)
  8. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “An Approach to Automatic Tuning for Parallel Householder QR Decomposition”
    The Fourth International Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT 2009), Tokyo, October 1-2, 2009. (査読あり・ポスター)
  9. 【 2nd Prize in 2009 EASIAM Student Paper Competition 】
    Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “A Dynamic Programming Approach to Optimizing the Blocking Strategy for the Householder QR Decomposition”
    The 2nd International Conference in Mathematical Modelling and Computation and The 5th East Asia SIAM Conference, Universiti Brunei Darussalam, Brunei, June 8-11, 2009.
  10. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “A Dynamic Programming Approach to Auto-Tuning the Blocking Strategy For the Householder QR Decomposition ”
    SIAM Conference on Computational Science and Engineering (CSE09), Miami Hilton Hotel, Miami, Florida, March 2-6, 2009.
  11. Takeshi Fukaya, Yusaku Yamamoto and Shao-Liang Zhang
    “A Dynamic Programming Approach to Optimizing the Blocking Strategy for the Householder QR Decomposition”
    The Third international Workshop on Automatic Performance Tuning (iWAPT 2008), Tsukuba, October 1, 2008. (査読あり)
  12. Yusaku Yamamoto, Takeshi Fukaya, Takashi Uneyama, Masami Takata, Kinji Kimura, Masashi Iwasaki and Yoshimasa Nakamura
    “Accelerating the Singular Value Decomposition of Rectangular Matrices with the CSX600 and the Integrable SVD”
    9th International Conference on Parallel Computing and Technologies (PaCT-2007), Pereslavl-Zalessky, Russia, Sept. 3-7, 2007.

国内会議

  1. 【発表予定】 深谷 猛, 今村 俊幸, 山本 有作
    “京コンピュータにおける対称密行列向け固有値計算プログラムの性能評価と性能予測”
    日本応用数理学会 2013年度 年会, アクロス福岡, 2013年 9月 9日- 11日.
  2. 【発表予定】 工藤 周平, 高橋 佑輔, 深谷 猛, 山本 有作
    “ブロックヤコビ法に基づく固有値解法の超並列計算機上での実装”
    日本応用数理学会 2013年度 年会, アクロス福岡, 2013年 9月 9日- 11日.
  3. 【発表予定】 長島 聖児, 深谷 猛, 山本 有作
    “オンライン自動チューニング数理基盤ライブラリATMathCoreLibの特異値分解問題への適用”
    日本応用数理学会 2013年度 年会, アクロス福岡, 2013年 9月 9日- 11日.
  4. 深谷 猛, 今村 俊幸, 山本 有作
    “超並列環境における密行列計算プログラムの性能モデリングに向けた検討”
    2013年並列/分散/協調処理に関する『北九州』サマー・ワークショップ(SWoPP北九州2013), 北九州国際会議場, 2013年 7月 31日- 8月 2日.
  5. 深谷 猛, 山本 有作
    “超並列環境における縦長行列のQR分解に対する自動チューニングの研究”
    第18回計算工学講演会, 東京大学生産技術研究所, 2013年 6月 19日- 21日.
  6. 深谷 猛, 山本 有作
    “超並列環境における縦長行列のQR分解に対する種々の計算方法の性能比較”
    第42回数値解析シンポジウム(NAS2013), 松山市道後温泉「道後館」, 2013年 6月 12日- 14日.
  7. 深谷 猛, 今村 俊幸, 山本 有作
    “京における密行列固有値ソルバEigen-Kの性能評価と性能モデリング”
    SACSIS2013 - 先進的計算基盤システムシンポジウム -, 仙台国際センター, 2013年 5月 22日- 24日.(ポスター)
  8. 【依頼講演】 深谷 猛
    “TSQRアルゴリズムに基づくQR分解の並列計算に対する自動チューニング”
    2012年 若手の会 単独研究集会, 東京大学情報基盤センター, 2012年 12月 26日.
  9. 【依頼講演】 深谷 猛
    “ハウスホルダーQR分解の数値計算アルゴリズムと高性能計算のための工夫”
    一橋大学 第14回「数理科学セミナー」, 一橋大学国立キャンパス, 2012年 11月 21日.
  10. 深谷 猛
    “超並列環境向け固有値計算プログラムの性能予測モデルの開発”
    E-サイエンス若手・女性研究者シンポジウム2012, 東京大学柏キャンパス第2総合研究棟 情報基盤センター, 2012年 10月 17日.
  11. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “SMP上での並列QR分解に対する自動チューニングの検討”
    日本応用数理学会 2012年度 年会, 稚内全日空ホテル, 2012年 8月 28日- 9月 2日.
  12. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “QR分解の並列計算における自動チューニングの検討”
    第2回協定講座シンポジウム「計算科学 次代を担う若手の集い」, 神戸大学 瀧川記念学術交流会館, 2012年 8月 23日.(ポスター)
  13. 深谷 猛, 山本 有作,張 紹良
    “TSQR アルゴリズムを用いたSMP 上でのQR 分解計算に対する自動チューニングの検討”
    第41回数値解析シンポジウム(NAS2012), 伊香保温泉旅館 よろこびの宿 しん喜 (群馬県), 2012年 6月 6日- 8日.(ポスター)
  14. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “ブロックQR分解アルゴリズムの性能最適化 -動的計画法を利用したブロック分割方法の決定-”
    第1回協定講座シンポジウム「計算アルゴリズムと化学・生物学の融合」, 神戸大学統合研究拠点, 2012年 2月 17日.(ポスター)
  15. 深谷 猛
    “ブロックQR分解アルゴリズムの性能最適化 -様々な最適化手法の比較-”
    2011年度数値解析研究集会, 少年自然の家 八ヶ岳荘 , 2011年 9月 5日- 7日.(ポスター)
  16. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “QR分解アルゴリズムに対する自動チューニング -性能モデルに関する考察-”
    2011年並列/分散/協調処理に関する『鹿児島』サマー・ワークショップ(SWoPP鹿児島2011), かごしま県民交流センター, 2011年 7月27日- 29日.
  17. 深谷 猛, 山本 有作,張 紹良
    “ブロックQR分解アルゴリズムの性能最適化 -ブロック化による性能向上についての考察-”
    第40回数値解析シンポジウム(NAS2011), 鳥羽シーサイドホテル(三重県), 2011年 6月20日-22日.(ポスター)
  18. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “動的計画法に基づく密行列計算アルゴリズムの再帰的ブロック化”
    2011年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2011), 産業技術総合研究所 共用講堂, 2011年 1月 18日- 19日. (査読あり・ポスター)
  19. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “密行列計算の再帰構造を利用した適応的なブロック化”
    2010年度 特異値・固有値合同ワークショップ, 筑波大学, 2010年 11月 27日.
  20. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “LU分解アルゴリズムにおけるブロック分割法と性能の関係について”
    第8回計算数学研究会, ひょうご共済会館, 2010年 10月 29日- 31日. (ポスター)
  21. 深谷 猛
    “LU分解におけるBLASの効率的利用について”
    2010年度数値解析研究集会, 国立信州高遠少年自然の家, 2010年 8月 30日- 9月1日. (ポスター)
  22. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “密行列計算アルゴリズムに対するブロック分割法の最適化と性能評価”
    2010年並列/分散/協調処理に関する『金沢』サマー・ワークショップ(SWoPP金沢2010), 金沢市文化ホール, 2010年 8月 3日- 5日.
  23. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “動的計画法によるQR分解のブロック分割法の決定”
    第39回数値解析シンポジウム(NAS2010), 鳥羽シーサイドホテル(三重県), 2010年 5月26日-28日.(ポスター)
  24. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “マルチコア環境向けハウスホルダーQR 分解アルゴリズムの性能チューニング”
    特異値・固有値合同ワークショップ, つくば国際会議場(エポカルつくば), 2009年11月21日-22日.
  25. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “ハウスホルダーQR分解の並列計算の効率化”
    第7回計算数学研究会, 裏磐梯ロイヤルホテル(福島県), 2009年10月16日-18日.
  26. 山本 有作, 深谷 猛
    “Totally Nonnegative帯行列向けqd法へのシフト導入について”
    日本応用数理学会 2009年度 年会, 大阪大学, 2009年 9月28日-30日.
  27. 深谷 猛
    “計算機環境と行列サイズに応じた効率的なQR分解の並列計算”
    2009年度数値解析研究集会, 国立信州高遠少年自然の家, 2009年 9月 1日- 3日. (ポスター)
  28. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “ブロックハウスホルダーQR分解の並列計算における自動チューニング手法の検討”
    2009年 並列/分散/協調処理に関する『仙台』サマー・ワークショップ(SWoPP仙台2009), 仙台, 2009年 8月 4日- 6日.
  29. 山本 有作, 深谷 猛
    “Totally Nonnegativeな帯行列に対するqd法”
    第38回数値解析シンポジウム (NAS2009), 熱川ハイツ, 2009年 6月15日-17日.(ポスター)
  30. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “ハウスホルダーQR分解のためのブロック分割法の動的決定”
    第6回計算数学研究会, 熱海, 2009年 3月16日-18日.
  31. 【 最優秀論文賞 】 深谷 猛, 山本 有作, 畝山 多加志, 中村 佳正
    “正方行列向け特異値分解のCUDAによる高速化”
    2009年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2009), 東京, 2009年 1月22日-23日. (査読あり)
  32. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “QR分解のブロックアルゴリズムの自動チューニング”
    2008年度数値解析研究集会, 国立信州高遠少年自然の家, 2008年 9月 1日- 3日.
  33. 深谷 猛, 山本 有作, 張 紹良
    “ハウスホルダーQR分解におけるブロック分割パターンの最適化”
    日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」第5回研究会(SWoPP佐賀2008), 佐賀, 2008年 8月 5日- 7日.
  34. 深谷 猛, 山本 有作
    “Level3 BLASを用いたQR分解アルゴリズムの性能評価”
    第5回計算数学研究会, 新潟, 2007年10月27日-29日. (ポスター)
  35. 深谷 猛, 山本 有作, 畝山 多加志, 堀 玄, 梅野 健
    “長方行列向け特異値分解の浮動小数点コプロセッサによる高速化”
    2007年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2007), つくば, 2007年 1月17日-18日. (査読あり)

受賞

  1. 2nd Prize in 2009 EASIAM Student Paper Competition
    The 2nd International Conference in Mathematical Modelling and Computation and The 5th East Asia SIAM Conference, Universiti Brunei Darussalam, Brunei, June 8-11, 2009.
  2. 最優秀論文賞
    2009年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2009), 東京, 2009年 1月22日-23日.
Copyright © 2012- Takeshi FUKAYA. All Rights Reserved.