谷口隆晴のウェブページへようこそ!

 

神戸大学 大学院 システム情報学研究科 計算科学専攻 准教授

JST さきがけ「社会的課題の解決に向けた数学と諸分野の協働」研究者

〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1

yaguchi@pearl.kobe-u.ac.jp

研究テーマ

現実社会の様々な問題に対して,数理科学的アプローチによって取り組んでいます.特に,シミュレーションとモデリングについて,基礎と実践の両面からの研究をしています.

実践:シミュレーションと数理モデリング

  • 社会ネットワーク解析
    Placeholder image

    近年のセンサデバイスの発展により,様々なデータが取得できるようになっています.特に,心理学・農学・経済学等に現れる,ネットワークとして得られるデータに対する統計的手法の研究を行っています.

  • Morphological Computing
    Placeholder image

    近年,ロボットの受動歩行に代表されるように,身体などの動きだけで様々な機能が実現できることが分かってきています.このような問題に対して,モデリングとシミュレーションによるアプローチからの研究を行っています.

  • 楽器の物理シミュレーション
    Placeholder image

    ピアノの弦やハンマーなど,楽器を構成するパーツの動きを物理学に基づいて計算することで,楽器の音をシミュレーションする研究を行っています.これにより,表現力豊かな電子楽器の開発を目指します.

基礎:数理科学の諸手法

  • 幾何学的離散力学
    Placeholder image

    コンピューターを用いた物理シミュレーション手法の構築のために,世界がデジタルだったと仮定した場合の物理学についての研究を行っています.

  • 微分代数に基づくモデル解析
    Placeholder image

    シミュレーションのためのモデルパラメータの推定や解析のために,微分代数を用いて入出力関係を求める手法を研究しています.

  • 統計多様体上の時系列モデル
    Placeholder image

    従来,時系列解析は数値データを解析の対象としてきましたが,情報幾何学を利用することで,時間発展型ネットワークなど,数値以外の時間発展型データに対する時系列解析手法を構築しています.


お知らせ


2018年11月2日
下記の論文が受理されました.

T. Satoh and T. Yaguchi, On the equivalence of the norms of the discrete diffrential forms in discrete exterior calculus, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics.

2018年9月25日
下記の論文が受理されました.

小松瑞果,谷口隆晴,Husbyらの実験データに対するアレルギー発症メカニズムの解析に向けた 抗原・抗体の体内動態モデルの構築,日本応用数理学会論文誌.

2018年9月21日
ウェブページを更新しました.