Papers

* 河崎素乃美, 谷口隆晴, 増本康平, 近藤徳彦, 岡田修一, 交流ネットワークの構造変化に対するネットワークモデルを用いた統計的検定手法, 日本応用数理学会論文誌, 27 (2017), 112--146.

* 河崎素乃美, 谷口隆晴, 増本康平, 近藤徳彦, 岡田修一, アクティブエイジングプロジェクトにおける住民交流ネットワークの解析, 応用数理, 27 (2017) 13--20.

* 石川 歩惟, 谷口 隆晴, ハミルトン方程式に対する離散勾配法のRiemann構造不変性, 日本応用数理学会論文誌, 26 (2016), 381--415.

* K. Masumoto, T. Yaguchi, H. Matsuda, H. Tani, K. Totsuka, N. Kondo and S. Okada, Measurement and visualization of face-to-face interaction among community-dwelling elderly persons using wearable sensors, Geriatrics and Gerontology International, to appear.

* A. Ishikawa and T. Yaguchi, Application of the variational principle to deriving energy-preserving schemes for the Hamilton equation, JSIAM Lett., 8 (2016), 53--56.

* A. Ishikawa and T. Yaguchi, Geometric Investigation of the Discrete Gradient Method for the Webster Equation with a Weighted Inner Product, JSIAM Lett., 7 (2015), 17--20.

* T. Yaguchi, A Lagrangian Approach to Deriving Energy-Preserving Numerical Schemes for the Euler-Lagrange Partial Differential Equations, M2AN, 47 (2013) 1493--1513.

* 金澤 宏紀, 松尾 宇泰, 谷口 隆晴, コンパクト差分に基づく離散変分導関数法, 応用数理学会論文誌, 23 (2013) 203 -- 232.

* 谷口隆晴, Lagrange 力学に基づく局所エネルギー保存型数値解法導出法と線形波動方程式に対する無反射境界条件への応用, 応用数理学会論文誌, 22 (2012) 143 -- 169.

* Y. Miyatake, T. Yaguchi and T. Matsuo, Numerical Integration of the Ostrovsky Equation Based on Its Geometric Structures, J. Comput. Phys., 231 (2012) 4542--4559.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "The Discrete Variational Derivative Method Based on Discrete Differential Forms," J. Comput. Phys., 231 (2012) 3963--3986.

* H. Kanazawa, T. Matsuo and T. Yaguchi, "A Conservative Compact Finite Difference Scheme for the KdV Equation," JSIAM Letters, 4 (2012) 5--8.

* M. Dahlby, B. Owren and T. Yaguchi, "Preserving Multiple First Integrals by Discrete Gradients", J. Phys. A, 44 (2011) 305205.

* Y. Miyatake, T. Yaguchi and T. Matsuo, "A Multi-Symplectic Integration of the Ostrovsky Equation", JSIAM Letters, 3 (2011) 41--44.

* T. Yaguchi, "Voronoi Random Field and Its Application to the Fuzzy Post Office Problem", Japan J. Indust. Appl. Math., 27 (2010) 425--441.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "Conservative Numerical Schemes for the Ostrovsky Equation," J. Comput. Appl. Math., 234 (2010) 1036--1048.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "An Extension of the Discrete Variational Method to Nonuniform Grids," J. Comput. Phys., 229 (2010) 4382--4423.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 離散変分法の非一様格子への拡張, 応用数理学会論文誌, 19 (2009) 371 -- 431.

* 谷口隆晴, 非粘性圧縮流体の等エントロピー流れにおけるある人工的境界条件とその Thompson の無反射境界条件との関係について, 応用数理学会論文誌, 18 (2008) 447 -- 471.

* T. Yaguchi and K. Sugihara, "On the Hedstrom Nonreflecting Boundary Condition for C2 Solutions," J. Comput. Appl. Math., 197 (2007) 150--155.

* 谷口隆晴, 杉原厚吉, 空間多次元 Navier-Stokes 方程式に対する無反射境界条件, ながれ, 24 (2005) 81 -- 91.

Review Papers

* 入江凜, 小林照義, 谷口隆晴, ネットワークにおける複数頂点組の力学的重要性に関する数値的検証, 國民經濟雜誌, 214 (2016) 39--50.

* 谷口隆晴, 石川歩惟, 微分方程式モデルによる楽器シミュレーション, シミュレーション, 35 (2016).

* 谷口隆晴, 波動現象シミュレーションのための無反射境界の作り方, シミュレーション, 26 (2007) 84 -- 89.

Conferences

(the name of the speaker is underlined)

* 石川步惟, 谷口 隆晴, 速度比例減衰項をもつ系に対する変分原理を利用した数値解法とその比較, 第46回数値解析シンポジウム, 滋賀, 2017.

* 佐藤智久, 谷口 隆晴, 離散外積解析における離散 Hodge スター作用素の誤差評価, 第46回数値解析シンポジウム, 滋賀, 2017.

* 南部匡範, 谷口 隆晴, 横川三津夫, 離散偏導関数法と数値積分の併用, 第46回数値解析シンポジウム, 滋賀, 2017.

* 長谷阪 祐太, 谷口隆晴, ギターの弦とボディの連成シミュレーション, 日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第20回シンポジウム, 呉, 2016.

* T. Yaguchi, Geometric-mechanics-inspired model of stochastic dynamical systems, IMI-La Trobe Joint Conference "Geometric Numerical Integration and its Applications," Australia, 2016.

* T. Yaguchi, S. Kawasaki, K. Masumoto, N. Kondo, S. Okada, Statistical tests of the difference between two networks with incomplete observation, Kobe Workshop on Computational and Network Science 2016, Japan, 2016.

* 長谷阪 祐太, 谷口 隆晴, 弦とボディの連成シミュレーションによるギターのサウンドレンダリング, 日本応用数理学会2016年度年会, 福岡,2016.

* 谷口 隆晴, 河崎 素乃美, 増本 康平, 近藤 徳彦, 岡田 修一, 地域コミュニティ構造の変化に対する尤度比検定, 日本応用数理学会2016年度年会, 福岡,2016.

* 石川 歩惟, 谷口 隆晴, 変分原理に基づくエネルギー保存数値解法の一般のHamilton系への拡張, 日本応用数理学会2016年度年会, 福岡,2016.

* 石川 歩惟, 今村 成吾, 谷口 隆晴, 離散化した heavy-ball-with-friction method のパラメータについて, 研究集会「常微分方程式の数値解法とその周辺2016」, 大阪,2016.

* 宮武 勇登, 谷口 隆晴, 散逸型偏微分方程式に対するある種の変分原理に基づく散逸スキームの導出法, 第45回数値解析シンポジウム, 鹿児島, 2016.

* 石川 歩惟, 谷口 隆晴, 波動方程式に対するシンプレクティックかつエネルギー保存スキームについて, 第45回数値解析シンポジウム, 鹿児島, 2016.

* 岩井 真理恵, 谷口 隆晴, Webster方程式に対するある数値解法の長時間挙動について, 第45回数値解析シンポジウム, 鹿児島, 2016.

* 南部 匡範, 谷口 隆晴, 横川 三津夫, 曲面上の熱方程式に対する散逸性保存型数値解法の導出と評価, 第45回数値解析シンポジウム, 鹿児島, 2016.

* 谷口隆晴, 石川歩惟, 自動離散微分とその応用, 日本応用数理学会研究部会連合発表会, 兵庫, 2016.

* 河崎素乃美, 谷口隆晴, 増本康平, 近藤徳彦, 岡田修一, 地域コミュニティ構造の変化と改善に対する統計解析手法, 日本応用数理学会研究部会連合発表会, 兵庫, 2016.

* 河崎素乃美, 谷口隆晴, 増本康平, 近藤徳彦, 岡田修一, 地域コミュニティの構造変化に対する検定理論 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2015.

*谷口隆晴, 石川歩惟, Caldirola-Kanai型変分原理に基づく構造保存型数値解法と多層パーセプトロン学習法への応用について, 研究会「数理構造保存を接点とした数学・HPC・実科学のクロスオーバー」, 東京, 2015

* T. Yaguchi, A. Ishikawa, Structure-preserving method for a certain class of dissipative differential equations, the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2015 (SciCADE 2015), Germany, 2015.

* A. Ishikawa, T. Yaguchi, Energy-preserving discrete gradient schemes for the Hamilton equation based on the variational principle, the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2015 (SciCADE 2015), Germany, 2015.

* 谷口隆晴, 石川歩惟, ある種の散逸型微分方程式に対する構造保存型数値解法, 日本応用数理学会2015年度年会, 石川, 2015.

* 石川歩惟, 谷口隆晴, ハミルトン方程式に対する時間対称性を用いた離散勾配スキームの導出法, 日本応用数理学会2015年度年会, 石川, 2015.

* 入江凜, 谷口隆晴, シンプレクティック数値積分法による力学的摂動, 日本応用数理学会2015年度年会, 石川, 2015.

* 石川歩惟, 谷口隆晴, 対称性を利用した離散勾配法におけるLegendre変換に関する考察, 日本応用数理学会2015年度年会, 石川, 2015.

* T. Yaguchi, A. Ishikawa, Numerical integrations that preserve energy behaviors using the variational principle, Computational and Geometric Approaches for Nonlinear Phenomena, Tokyo, 2015.

* T. Yaguchi, A. Ishikawa, Structure-preserving numerical integrators for the KdV equation using an almost complex structure, Recent developments in numerical analysis with special emphasis on complex analysis, Tokyo, 2015.

* 入江凜, 谷口隆晴, 大規模ネットワークにおける複数ノード組に対する重要度の特徴付け, 第44回数値解析シンポジウム, 山梨, 2015.

* 長谷阪裕太, 谷口隆晴, L2射影を用いた離散偏導関数法による弦のサウンドレンダリング, 第44回数値解析シンポジウム, 山梨, 2015.

* 石川歩惟, 谷口隆晴, ピアノの物理モデルとその効率的な数値計算法の検討, 第44回数値解析シンポジウム, 山梨, 2015.

* 増本康平, 近藤徳彦, 松田弘志, 谷英昭,谷口隆晴,竹中優子, 戸塚圭介, 岡田修一, 地域高齢者を対象とした健康教室による参加者間交流ネットワーク形成に関する研究, 第57回老年社会科学会大会, 神奈川, 2015.

* 入江凜, 谷口隆晴, 測地線方程式に対する離散勾配法の適用とアインシュタイン方程式の数値解を用いるための基礎検討, 日本応用数理学会研究部会連合発表会, 東京, 2015.

* 入江凜, 谷口隆晴, 数値相対論のための測地線方程式に対する構造保存型数値解法の適用, 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2014.

* 石川歩惟, 谷口隆晴, シンプレクティック空間上の離散勾配法, 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2014.

* A. Ishikawa and T. Yaguchi, Simulation of Wind Instruments and a Geometric Invariance of the Discrete Gradient Method, Foundations of Computational Mathematics Conference 2014, Uruguay, 2014.

* T. Yaguchi, On the well-posedness of the weak form of the finite element exterior calculus on manifolds, 流体方程式の構造と特異性に迫る数値解析・数値計算, 名古屋, 2014.

* 谷口隆晴, ハミルトン偏微分方程式に対する構造保存型数値解法, 日本学術会議第4回計算力学シンポジウム, 東京, 2014.

* A. Ishikawa, R. Ueda and T. Yaguchi, Application of Structure-Preserving Numerical Methods to Simulation of Musical Instruments, 2nd International Workshop on Numerical Linear Algebra and Its Applications, China, 2014.

* 石川歩惟, 谷口隆晴, 離散勾配法のRiemann構造不変性とシンプレクティック幾何学的再構築, RIMS研究集会「新時代の科学技術を牽引する数値解析学」, 京都, 2014.

* A. Ishikawa and T. Yaguchi, "Invariance of Furihata’s Discrete Gradient Schemes for the Webster Equation with Different Riemannian Structures," 12th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics (ICNAAM 2014), Rhodes, Greece, 2014.

* T. Yaguchi, "Hamiltonian Structures of Wave-Type Equations Compatible with the Finite Element Exterior Calculus," 12th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics (ICNAAM 2014), Rhodes, Greece, 2014.

* 谷口隆晴, 幾何学的構造保存型数値解法に対する力学理論的アプローチ, 第3回岐阜数理科学研究会, 岐阜, 2014.

* 谷口隆晴, グラフに対するOllivier-Ricci曲率の数値計算, 日本応用数理学会2014年度年会, 東京, 2014.

* 石川歩惟, 谷口隆晴, 異なるRiemann構造をもつWebster方程式に対する離散変分導関数法の不変性, 日本応用数理学会2014年度年会, 東京, 2014.

* 入江凜, 谷口隆晴, シンプレクティック法による摂動を用いた太陽系の安定性検証, 第43回数値解析シンポジウム, 沖縄, 2014.

* 石川歩惟, 谷口隆晴, 異なる内積により得られる Webster 方程式の2つのハミルトン構造, 第43回数値解析シンポジウム, 沖縄, 2014.

* 谷口隆晴, 土屋卓也, 境界付き多様体上における有限要素外積解析の弱形式の適切性について, 日本数学会 2014年度年会, 東京, 2014.

* 芦辺健太郎, 石川歩惟, 上田怜奈, 谷口 隆晴, 楽器シミュレーションに対する構造保存型数値解法の応用と関連する数理的課題, 常微分方程式の数値解法とその周辺 2014, 静岡, 2014.

* 谷口隆晴, 有限要素外積解析に基づく波動型方程式に対するエネルギー保存型数値解法, 日本数学会 秋季総合分科会 応用数学分科会 特別講演, 愛媛, 2013.

* T. Yaguchi, "Lagrangian approach of the discrete gradient method based on finite element methods," the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2013 (SciCADE 2013), Spain, 2013.

* 谷口隆晴, シンプレクティック数値積分法における修正ハミルトニアンの存在定理について,日本応用数理学会 2013 年度年会, 福岡, 2013.

* 北祐樹, 谷口隆晴, ホロノーム拘束をもつハミルトン系に対する離散勾配法, 日本応用数理学会 2013 年度年会, 福岡, 2013.

* 谷口隆晴, シンプレクティックフローとしてのシンプレクティック数値積分法, ワークショップ「有限体積法の数学的基盤理論の確立III」, 愛媛, 2013.

* T. Yaguchi, On the finite element exterior calculus for parabolic equations, 2013 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, Japan, 2013.

* 谷口隆晴, 放物型方程式に対する有限要素外積解析の誤差評価について, 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2012.

* T. Yaguchi, "Application of the Lagrangian Approach of the Discrete Gradient Method to Scleronomic Holonomic Systems," 10th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics (ICNAAM 2012), Kos, Greece, 2012.

* 谷口隆晴, ホロノミック系に対するラグランジュ力学的離散勾配法, 日本応用数理学会 2012年度年会, 北海道, 2012.

* T. Yaguchi, "A Lagrangian Approach to Deriving Local-Energy-Preserving Numerical Schemes for the Euler--Lagrange Partial Differential Equations," 15th International Congress on Computational and Applied Mathematics, Belgium, 2012.

* 若林岳人, 谷口隆晴, 山本有作, Newton法の Parareal Algorithm による並列化, 常微分方程式の数値解法とその周辺 2012, 静岡, 2012.

* 谷口隆晴, ラグランジュ力学に基づく保存型数値解法導出法とその応用, ワークショップ「有限体積法の数学的基盤理論の確立II」, 福岡, 2012.

* 谷口隆晴, Euler-Lagrange 偏微分方程式に対する局所エネルギー保存スキーム導出法, 日本応用数理学会研究部会連合発表会, 福岡, 2012.

* C. Budd, T. Yaguchi, D. Furihata, "Backward Error Analysis of the Scheme for the KdV Equation by the Discrete Variational Derivative Method," 2012 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, Japan, 2012.

* C. Budd, 谷口隆晴, 降籏大介, KdV 方程式に対するある半離散スキームの後退誤差解析, 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2011.

* 新堂敬隆, 谷口隆晴, 山本有作, 時間依存固有値問題の数値解法に関する基礎検討, 日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会 第12回研究会, 東京, 2011.

* C. Budd, 谷口隆晴, 降籏大介, ある半離散スキームによるソリトンのシミュレーションについて, RIMS研究集会「科学技術計算における理論と応用の新展開」, 京都, 2011.

* 谷口隆晴, 変分構造をもつ楕円型方程式に対する離散勾配法の応用, 日本応用数理学会 2011年度年会, 京都, 2011.

* T. Yaguchi, "A Lagrangian Approach to Deriving Energy-Preserving Numerical Schemes for the Euler-Lagrange Partial Differential Equations and Its Applications," the International Conference on Scientific Computation And Differential Equations 2011 (SciCADE 2011), Canada, 2011.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "The Discrete Variational Derivative Method Based on Discrete Differential Forms," International Workshop on Numerical Linear Algebra and Its Applications, China, 2011.

* 宮武勇登, 谷口隆晴, 松尾宇泰, Ostrovsky 方程式に対する構造保存型差分スキーム, 日本応用数理学会研究部会連合発表会, 東京, 2011.

* 金澤宏紀, 谷口隆晴, 松尾宇泰, コンパクト差分法の構造保存型数値解法に対する適用, 日本応用数理学会研究部会連合発表会, 東京, 2011.

* C.J. Budd and T. Yaguchi, "On the Backward Error Analysis of the Discrete Variational Derivative Method," 2011 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, Japan, 2011.

* T. Yaguchi, "A Lagrangian Approach to Deriving Energy Preserving Numerical Schemes for the Euler–Lagrange PDEs," Tasmanian Rigorous Analysis and Geometric Integration Conference, Launceston, Australia, 2010.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, ラグランジュ力学に基づくエネルギー保存型数値解法導出法, RIMS研究集会「科学技術計算アルゴリズムの数理的基盤と展開」, 京都, 2010.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "Extension of the Discrete Variational Derivative Method to General Meshes Based on Discrete Exterior Calculus," BIT50 Trends in Numerical Computing, Lund, Sweden, 2010.

* T. Yaguchi, "Symmetry-Based Method to Derive Conservative Numerical Schemes for the Euler-Lagrange PDEs," 2010 Tokyo Workshop on Structure-Preserving Methods, Japan, 2010.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, Euler-Lagrange 偏微分方程式に対する対称性を用いた保存スキームの導出法, 日本応用数理学会研究部会連合発表会, 筑波, 2010.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 非線形Klein-Gordon方程式に対する対称性を用いた保存スキームの導出法, 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2009.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, ハミルトン偏微分方程式に対する解析力学的空間離散化法とその応用, RIMS研究集会「数値解析と数値計算アルゴリズムの最近の展開」, 京都, 2009.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 離散変分法の幾何学的再定式化, 日本応用数理学会 2009年度年会, 大阪, 2009.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "An Energy Conservative Numerical Scheme on Mixed Meshes for the Nonlinear Schrödinger Equation," 7th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics (ICNAAM 2009), Crete, Greece, 2009.

* T. Matsuo, M. Sugihara and T. Yaguchi, "An Extension of the Discrete Variational Derivative Method to Nonuniform Meshes," 2009 International Conference on Scientific Computation and Differential Equations (SciCADE09), Beijing, 2009.

* T. Yaguchi, "Challenge for Multi-Dimensional Cases II: on Non-Uniform Meshes," in the session "The Discrete Variational Method and Its Recent Progresses" at Workshop on Structure-Preserving Methods for Partial Differential Equations, Japan, 2009.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "An Extension of the Discrete Variational Derivative Method to Mixed Meshes by the Mimetic Finite Difference Schemes," SIAM Conference on Computational Science and Engineering (CSE09), US, 2009.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 離散外微分形式を用いた離散変分法の拡張, 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2008.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "Conservative Finite Difference Schemes for the Ostrovsky Equation," International Symposium on Frontiers of Computational Science 2008, Japan, 2008.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 複素保存型偏微分方程式に対する混合メッシュ上のエネルギー保存スキーム, 日本応用数理学会 2008年度年会, 千葉, 2008.

* T. Yaguchi, T. Matsuo and M. Sugihara, "The Discrete Variational Derivative Method for a Class of Equations with Nonlocal Conservation/Dissipation Properties," 13th International Congress on Computational and Applied Mathematics, Belgium, 2008.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, Ostrovsky方程式に対する保存スキーム, 第37回数値解析シンポジウム, 秋田, 2008.

* 谷口 隆晴, 等エントロピー流れにおけるRiemann不変量多様体を用いた無反射境界条件について, 日本応用数理学会 2008年 研究部会 連合発表会, 東京, 2008.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 離散変分法の多次元非一様格子への拡張について, 応用数学合同研究集会, 瀬田, 2007.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 解適合格子上での離散変分法, 日本応用数理学会 2007年度年会, 札幌, 2007.

* 谷口隆晴, 多次元準線形双曲型偏微分方程式系に対する無反射境界条件, 日本応用数理学会 2007年度年会, 札幌, 2007.

* T. Yaguchi, "Characteristic non-reflecting boundary conditions for multi-dimensional quasi-linear hyperbolic systems," 6th International Congress on. Industrial and Applied Mathematics, Switzerland, 2007.

* 谷口隆晴, 松尾宇泰, 杉原正顯, 離散変分法の不等間隔格子への拡張, 第36回数値解析シンポジウム, 熱海, 2007.

* 我妻 光洋, 杉原 正顯, 谷口 隆晴, CIP 法に対する理論解析, 日本応用数理学会 2007年 研究部会 連合発表会, 名古屋, 2007.

* 我妻 光洋, 杉原 正顯, 谷口 隆晴, CIP 法に対する理論解析, 第20回数値流体力学シンポジウム, 名古屋, 2006.

* T. Yaguchi, K. Sugihara and M. Sugihara, "Numerical Solutions of the Wave Equation which admits Non-unique Solutions," 12th International Congress on Computational and Applied Mathematics, Belgium, 2006.

* 苅谷和俊, 谷口隆晴, 杉原厚吉, 分散関係を改良した六点分散関係保存スキーム, 第35回数値解析シンポジウム, 大阪, 2006.

* T. Yaguchi, "Voronoi Random Fields," The 3rd International Symposium on Voronoi Diagrams in Science and Engineering, Canada, 2006.

* 谷口 隆晴, 杉原厚吉, 杉原正顯, 滑らかな解に対するHedstromの無反射境界条件, 第19回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2005.

* T. Yaguchi and K. Sugihara, "A New Characteristic Nonreflecting Boundary Condition for the Multidimensional Navier-Stokes Equations," AIAA Paper, No. 2005-2868, 2005.

* 谷口隆晴, 杉原厚吉, 杉原正顯, 波動方程式の非適切問題に対する数値解の見かけの一意性について, 第34回数値解析シンポジウム, 浜松, 2005.

* 谷口 隆晴, 杉原厚吉, 特性曲線法に基づく無反射境界条件の提案とその実装法, 第18回数値流体力学シンポジウム, 東京, 2004.

* 谷口 隆晴, 杉原厚吉, 特性曲線法を用いた新しい無反射境界条件, 日本流体力学会年会2004, 名古屋, 2004.

* 谷口隆晴, 杉原厚吉, 非粘性圧縮流体方程式に対する方向適合型無反射境界条件, 第33回数値解析シンポジウム, 熱海, 2004.